小池豊司法書士事務所/小池香寿美社会保険労務士事務所 本文へジャンプ
個人情報保護指針(プライバシーポリシー)


  当事務所は、司法書士業務並びに社会保険労務士業務において収集・利用する個人情報について、その重要性を認識し、その適正かつ安全な取り扱いを行うため、下記の通り個人情報保護指針を定めて、個人情報の保護に努めます。

 
  1.  当事務所は、個人情報の取り扱いについて、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 (番号法)及び各法のガイドラインその他の規範を遵守いたします。
  2. 個人情報の収集について
     当事務所は、次のような時に、必要な範囲で、適法かつ公正な手段によって個人情報を収集いたします。
    • お問い合わせ時またはご相談のお申し込み時
    • 業務のご依頼を受託する時
    • 回答または受託業務の遂行上追加で必要と判断した時
  3. 個人情報の利用について
     当事務所は、収集した個人情報を次の目的でのみ利用いたします。
    • お問い合わせまたはご相談に対する回答のため
    • ご相談者またはご依頼人への連絡調整のため
    • 受託業務を遂行するため
       ただし、個人情報の取り扱いを第三者に委託する必要がある場合は、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、個人情報の安全管理保持のため必要かつ適切な監督を行います。
  4. 個人情報の第三者提供について
     当事務所は、官公署から権限に基づく要請があった場合等法令に定める場合を除き、収集した個人情報並びに相談若しくは受託業務の内容及び来所・相談予約等の事実について、ご本人の同意または指示なくして第三者(ご家族及び利害関係人を含みます。)に提供することはありません。
    • 司法書士には、司法書士法第24条にもとづき、守秘義務が課せられています。
    • 社会保険労務士には、社会保険労務士法第21条にもとづき、守秘義務が課せられています。
  5. 個人情報の管理について
     当事務所は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するために必要な措置を講じ、個人情報の安全な管理に努めます。また、ご本人による自己の個人情報の開示、訂正、利用停止、消去、破棄及び返却等の請求があった場合は、誠実に対応いたします。

  【補足事項
  1. 当事務所の個人情報保護指針は、平成29年5月30日から改正のうえ全面施行された個人情報保護法及び番号法に対応して定めておりますが、当分の間、当事務所では個人番号を収集し利用する場面は想定していないため、特定個人情報という用語を使用しておりませんが、個人情報には要配慮個人情報及び死者の個人情報の概念を含みます。
  2. 収集した個人情報にもとづき利害が相反する関係にあると当事務所が判断した場合には、ご相談若しくはご依頼をお断りすることがあります。また、ご相談者若しくはご依頼人と当事務所との間の信頼関係が崩れた場合には、業務の途中であっても辞任させていただくことがあります。
  3. ご相談者若しくはご依頼人への連絡は、原則として、あらかじめご本人の同意または指示された連絡方法・連絡先以外へはいたしません。
  4. ご相談若しくはご依頼の際に受領し、または業務遂行上取得若しくは作成した帳票・記録等については、当事務所が責任をもって管理・処分いたします。
   

トップページ
事務所概要
プロフィール
個人情報保護指針
費用・報酬事例
登録免許税の解説
ブログ
アクセス
 本人確認について
新型コロナウイルス感染症の防止について 

 ⓒ2004-2022 because-koike All rights reserved.